Adobe Flash Player を取得

糸リフトより自然な仕上がりのフェイスリフトで10歳若く!

いよいよ9月に突入

 

そのとたん急に寒くなってきた

 

昨日は半袖で大丈夫と予報では言っていたが、やはり涼しい

 

やはり8月の晴れが少なかったので地面があまり熱くなっていないことが原因の一つ

 

もう夏服とはオサラバですね

 

徐々に選択して片づけ始めました

 

また来年お会いしましょうね~

150816PB112

さて本日の患者様は東京にお住まいの50歳代の歯科医のご婦人

 

結構痩せ気味なので顔のシワやタルミが人より目立ちやすい

 

昔から実年齢よりも上に見られる

 

若いころはそのほうが貫禄があってよかったけど

 

この年になると若く見えたほうがいいに決まってる

 

診療中はマスクをしているのでタルミは誤魔化せるが

 

マスクを外した途端に一気に10歳くらい年をとったように見える

 

歯科医も技術だけでなく見た目も大切

 

同じ腕前なら誰だって若くて綺麗な人に治療してほしい

 

もはや自分の力でどうにかなるものではないので

 

美容整形に頼るほかない

 

ザックリ調べると若返りには照射・注入・糸・切開に分類できる

 

前の方が手軽だが、後ろの方が効果がある

 

気持ち的には切らずに糸で持ち上げられるに越したことはないが

 

果たしてホントに効果があるのか

 

何だか腑に落ちないものがある

 

どうせやるのなら、頬をてで引き上げたくらいにキチンと引き上げたい

 

やっぱり、悔いの残らないように切開して引き上げるフェイスリフトにしよう!

 

ただ、あまり休みは取れないので腫れたり包帯を巻いたりというのは困る

 

あとは院長が直接手術してくれるところじゃないとイヤ

 

 

というわけでの御来院ありがとうございます

 

御同業の方に御指名いただけるのは光栄です

 

一般の方より専門用語を交えたご説明も付け加えます

 

早速診察をさせていただくと

 

なるほど頬のタルミをベースにして各箇所に皮膚の余りが出ています

 

首のたるみはさほどでもありませんので

 

基本的な頬のリフトにコメカミ・顎リフト

 

さらに目の周辺の若返りにご自身の血液を分離して注入するAGFを併用することに決定

IMG_8327

はい、いつもの軟骨ギリギリ切開からスタート

IMG_3220

痛そうに見えるけど、4段階無痛麻酔システムなので痛みの心配はありませんのでご安心を

 

IMG_3158

ばっちり引っ張りあげました

 

あとは血液のAGF注入

IMG_3207

ハイお疲れ様でした~

 

髪の毛で傷さえ誤魔化しとけば明日からでも診療は大丈夫

 

これからも元気に診療頑張ってくださいね

 

何か心配なことがありましたらいつでもご連絡くださいませ!!

  • 2017年09月04日
  • post