より高い生着率を実現した、活性型幹脂肪注入法
次世代の再生医療「トリプル・コンデンス豊胸」


当院では異物を使わない「脂肪注入法」を専門に行っています。アレルギーや異物反応などの心配がないため安全性が高く、バストサイズだけでなく形を整えることもできます。「トリプル・コンデンス」という新技術によって、バストアップ効果を飛躍的に高めることができました。


80%にまで高められた脂肪生着率/高い安全性とナチュラルな感触/ベイザー脂肪吸引との組み合わせでハイグレードな仕上がり

トリプル・コンデンス豊胸では、注入には適さない物質(血液や壊れた細胞等)を取り除き、健全で良質な脂肪細胞だけを選りすぐり、濃縮(コンデンス)した状態で使用します。そのため注入後の生着率がきわめて高く、美しい仕上がりを長く維持することができます。

トリプル・コンデンス豊胸ですと、不純物のない健全で良質な脂肪細胞だけを分離・抽出できます。それにより、脂肪壊死や石灰化によるしこりのリスクを大幅に抑え、効果的な治療を行うことが可能になりました。
脂肪を吸引採取する際に、「ベイザー脂肪吸引」を使うとさらに効果的です。
ベイザー超音波は脂肪を細胞単位に分離・遊離させて吸引採取しますから、より高い生着率を期待することができます。もちろん、吸引部分もワンランク上の仕上がりとなります。
当院はコンデンスリッチとベイザーリポの公式認定を受けています。

最新技術であるトリプル・コンデンス、ベイザーは高度な技術と知識が要求されます。
当院は公式認定されたクリニックですので、安心して治療を受けていただけます。また、北村クリニックは【VASER 4D Sculpt】の認定院でもあります。このVASER 4D Sculpは世界的に有名なDR.HOYOSが開発したもので、彼に直接トレーニングを受けた、限られたドクターしか、手術することはもちろん、名乗ることすら許されておりません。

コンデンスリッチ豊胸
コンデンスリッチ豊胸
コンデンスリッチ豊胸
コンデンスリッチ豊胸
コンデンスリッチ豊胸

コンデンスリッチ豊胸はまだ登場して間もない技術ですが、そのベースには長い年月にわたって練り上げられ、磨かれてきた脂肪注入法の技術があります。それだけに、これまで脂肪注入法が抱えていた問題を見事にクリアし、その豊胸効果は飛躍的に高められています。
コンデンスリッチ豊胸はその頭文字から「CRF(Condense Rich Fat/コンデンスリッチファット)」と呼ばれます。このコンデンスリッチ豊胸のかなめとなるのが、患者様から採取した脂肪を遠心分離器と特殊なフィルターで処理し、組織内での生着を阻害する不純物や注入に適さない脂肪細胞を徹底的に取り除くという部分です。そのために一般の脂肪注入法をはるかに超えるレベルにまで生着率を高めることができ、結果として美しいバストをキープできるということにつながるのです。

画期的だったコンデンスリッチ。だけど・・・

コンデンスリッチでは、ウェイトフィルターという特殊な「重し」をつけた上で遠心分離機にかけ、通常より遥かに強力な重力をかけます。これにより、ダメージを受けた脂肪細胞をあえて死滅させ、残ったものだけを注入します。コンデンスリッチの登場で脂肪の生着率は以前に比べかなり高くなりました。
トリプル・コンデンスは脂肪細胞に過大な重力をかけることなく、特殊なフィルターでやさしく分離します。それによって脂肪細胞は従来より「フレッシュ」かつ「安定した状態」で利用できるようになりました。
脂肪細胞以外には優しく遠心分離をかけ、幹細胞・線維芽細胞などを濃縮します。 これを脂肪細胞に還元し同時に注入することによって、脂肪細胞は活性化され、より効率がアップされます。正に新発想の再生医療と言えます。
ポイントはいかに注入した脂肪の生着率を良くするかという点です。脂肪注入専門クリニックならではのテクニックにより大量の脂肪注入が可能になりました。

バストの美しさは大きさだけでは決められるものではありません。形はもちろん、感触や手触りまでも自然なままに表現してこそ、ナチュラルで美しいバストを実現できるのです。「トリプル・コンデンス豊胸」で使用するのは自分の脂肪です。異物を注入するのではありませんから、異物反応・抗体反応・カプセル拘縮などは起こりません。

まず、吸引で採取された脂肪を厳選し、良質な脂肪だけを残して4種類に分類します。これは注入する部位に合わせて、注入する脂肪を使い分けるためです。その後「トリプル・コンデンス処理」を施し、バストにていねいに注入していくのです。
また、注入する層(部分)も大切です。脂肪の生着には、それに栄養を供給する血行が豊富であることが不可欠です。そこで、血流の豊かな大胸筋に注目しました。
筋肉は「筋膜」と呼ばれる薄い膜に包まれています。北村クリニックでは、土台のボリュームを出すために大胸筋の内部、さらに筋膜の上下に脂肪を注入します。さらにナチュラルな感触を実現するために、乳腺下の脂肪層など5層にきめ細かく注入していきます。
このように、細かく「分離」した脂肪細胞を層ごとに「分層」してデジタル超音波エコーで確認しながら注入する、北村クリニック独自の 「分離・分層脂肪注入法」により、自然なバストを創りあげることが可能になりました。さらに脂肪細胞に含まれる 「自己コラーゲン」「幹細胞」も同時に注入することでこれまでの手術法を大きく超える生着率を追求しています。またこの方法はより自然なバストアップが可能ですから、それほど大きくせずに「最近ブラを変えてみたの」といえる程度のバストアップを希望される方にとってもぴったりです。


デジタル超音波エコーで確認しながら注入する、北村クリニック独自の 「分離・分層脂肪注入法」は、熟練の医師でなければマスターできないハイレベルなものです。
さらに効果を高める成長細胞(AGF)注入

血液にはいろいろな成分が含まれていますが、その中に「血小板」や「線維芽細胞」といった組織があります。これらは「成長細胞」という別名を持っているように、周辺の細胞に働きかけ、その成長を促す作用があることが知られています。
これら成長細胞を脂肪とともにバストに注入することで、まず注入した脂肪細胞そのものの成長を促し、ボリュームアップが図れます。さらには注入した部分の毛細血管の再生を早め、豊富な栄養を脂肪細胞に届ける助けとします。充分な栄養を与えられた脂肪は体内に吸収されることなく、その場に留まって成長を続ける、というわけです。
つまり、脂肪の生着率を高め、美しいバストをより確かにキープする、これが北村クリニックの成長細胞注入なのです。トリプル・コンデンス豊胸のオプションメニューとして選択すれば、さらに万全でしょう。





治療におけるポイント

治療の手順
治療の手順

痛みへの万全の対策 独自の4段階麻酔システム

当院は日本麻酔科学会に所属し、体への負担が軽く麻酔効果の高い「カリフォルニア式局所麻酔」を基本としています。この麻酔法は、薬剤のpH(ペーハー)値と浸透圧を人間の体液と同等にしてあり、体に無理なく浸透して麻酔効果を発揮します。さらに独自の工夫として止血剤や脂肪乳化剤を配合し、麻酔の段階で脂肪層を軟化させ、より吸引しやすい状態にします。 また、麻酔注射のための麻酔として「極低温ガス麻酔」を使用します。これはほんの短時間だけ皮膚の感覚をマヒさせ、その間に麻酔注射を施す、というものです。 さらに手術中の不安や緊張を和らげ、落ち着いて手術をお受けいただくことができるよう、点滴からの「リラックス麻酔」も併用します。

ベイザー脂肪吸引(VASER 2.0)で、より効率的な治療

脂肪注入法豊胸術では、まずバストに注入する脂肪を患者様ご自身の体から吸引採取する必要があります。当然、脂肪吸引の技法を用いて、ヒップや太ももなど、患者様の「気になる部分」から採取することになるのですが、北村クリニックではこのとき「ベイザー脂肪吸引(VASER 2.0)」という技術を使用します。
ベイザーとは脂肪吸引のために開発されたもので、超音波機器の一種です。特殊な超音波である「ベイザー波」を作り出す発振器と、それを照射する「プローブ」と呼ばれる細い金属棒から成り立っています。脂肪吸引を行う前にこのプローブを脂肪層に差し込み、ベイザー波を作用させると、そのエネルギーによって脂肪と周辺組織とのつながりが細胞レベルで解放され脂肪細胞が遊離して理想的な状態になるのです。このような状態になった脂肪細胞はその後の処理も行いやすく、トリプル・コンデンス豊胸にはまさにピッタリな状態となるのです。
さらに当院ではきめ細かなデザインを創る「超音波デジタル脂肪測定器」で、吸引する箇所の脂肪層の厚さなどを瞬時に細かくチェックしますので、必要以上の吸引や取り残しなどを防止することができます。

バストの構造と美しいバストの条件

バストは単なる脂肪のふくらみではなく、その構造は皆さんが考える以上に複雑ですから、まずバストの構造を正確に知っておくことが大切です。
バストは、そのふくらみの多くが皮下脂肪と乳腺です。これが胸の筋肉である大胸筋の上に乗り、クーパー靱帯(これはバストをつり下げるケーブルのような役目を負っています)によって周囲の組織につなぎ止められています。また乳腺は乳汁を分泌する器官で、筋のようなコリコリした感触があります。バストの内側に広がった乳腺は乳頭につながっており、出産するとここから母乳が分泌されます。以上がバストの構造です。
次に解剖学的に見た「美しいバストの条件(美しさの基準)」についてご紹介します。
・第3と第6の肋骨の間に位置し、胸骨あたりからふくらみが始まり、
 乳頭(乳首)が頂点となるような円錐形をしている。
・円錐形の頂点にある乳頭は、第4・第5の肋骨に位置する。
・乳頭は横からはやや横向きに見え、前からはやや外側に開いている。
・乳房の厚みは、胸壁から8〜10センチ程度である。
・左右の乳房を結んだ線と、左右の鎖骨の中心から引いた線で、正三角形ができる。
・左右の乳房を結んだ線の長さと、あごから頭の頂点までの長さが等しい。
・顔の幅と、左右の乳首の間の距離感が等しい。
・バストサイズがヒップサイズと等しく、適度のやわらかさで盛り上がっている。


シリコンバッグSOS
シリコンバッグ抜去と同時にトリプル・コンデンス脂肪注入
シリコンバッグの豆知識シリコンバッグと一言でいっても、その種類には多くのものがあります。
目立たない傷跡への配慮
高い効果と安全性
バッグの抜去は原則として前回挿入した傷と同位置から行い、傷跡を増やさないようにします。ただ、以前に乳輪や乳房下切開をされた方でもご希望によってはワキの下から抜去することも可能です。
デジタル超音波エコーで内部の状態を確認しつつ慎重に抜去し、さらにトリプル・コンデンス脂肪注入を独自の「分離・分層法」で丁寧に施して終了です。
他院の豊胸を修正治療

脂肪注ヒアルロン酸注アクアフィリング注入の
修正手術も可能

他院で脂肪注入法豊胸術を受け、その仕上がりに満足できない。このような場合にも、当院にて修正手術を行うことで、美しいバストを再び手に入れることができます。しかも高い生着率を誇るトリプル・コンデンス豊胸であれば、その美しさをより長く維持することができるでしょう。
またヒアルロン酸、アクアフィリングの注入によってバストが硬化してしまったようなケースでも、バスト内の異物をできるだけきれいに取り去り、脂肪注入によって形を整えるという修正手術が可能です。


陥没乳頭・乳頭肥大
陥没乳頭/乳頭肥大/乳頭形成

陥没乳頭

通常、乳房の先端でツンと突出している乳頭がバストの内側に潜りこみ、文字通り陥没した状態になっているのが陥没乳頭です。これはバストのふくらみに比べ、乳頭の発達が不十分だったときに表れる症状とされています。このままですと、将来的に赤ちゃんに授乳するときの障害になりやすいことや、陥没した部分にアカが溜まりやすいために炎症を起こしやすいなど、放置しておいて良いことはあまりありません。何より見た目を気にして深刻な悩みにおちいってしまうというのが、一番の問題です。

これまでの一般的な方法は乳輪の周辺に放射状の切れ込みを数本入れ、乳頭をせり出すようにして高さを調整し、その後ていねいに縫合するというものです。しかしこの方法では、乳頭の周囲に切開痕、縫合跡が残ってしまうため、新たな悩みの元にもなりかねず、さらに術後に血行不良を起こす可能性もあり、リスクも伴うものでした。そこで当院ではまったく異なるアプローチで治療を行います。
より確実性の高い手術法で陥没乳頭を解消!

北村クリニックの手法では、乳頭を陥没させている原因から解消します。
まず乳頭の付け根あたりの4箇所にごく小さな穴を開け、そこから特殊な器具を用いて、乳頭を引き込んでいる組織を調整します。これにより、それまで乳頭を乳房側へと引き留めていた力が解除され、乳頭を引き出していきます。
あとは乳頭の位置や形、高さを調整したところで乳頭の内側に極細の糸を2本通し、それぞれを輪のようにして乳頭の位置を固定します。
この手術では、顕微鏡下で行う「マイクロサージェリー」で使用する器具を使います。非常に繊細な作業のため経験やカンが求められますが、ごく小さな穴からすべての操作を行うために縫合の必要がなく、しかも手術跡の心配がありません。
この方法ですと表面に目立つ傷跡が残らず、しかも乳頭を完全に露出した自然な状態に整えることができますし、授乳にも影響はありません。重度の陥没の方でも乳頭は完全に露出し良好な結果が得られます。入院・通院は不要で、手術当日からシャワーも浴びられます。

乳頭は非常にデリケートな部分ですから、手術となると不安が先立つでしょう。また若い女性であれば将来の授乳についての心配もあると思います。ですが当院はこうした手術も数多く手がけており、医師もスタッフも豊富な経験を持っています。
あなたの症状とご希望に合わせた治療が可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

乳頭肥大

通常よりも乳頭が極度に大きくなってしまったものが乳頭肥大です。これは乳頭が垂れ下がるほど長いケースと、直径が大きく太さが気になるケースの2種類があり、人によってその両方の症状があるなどさまざまです。これまでは出産と授乳を経験した女性に多くみられるものでしたが、近ごろでは未婚の若い女性などにも生まれつき大きめの方が増えているように感じます。
女性にとって乳頭肥大は大きな悩みにつながるもの。ですがいずれの場合でも、現代の美容整形はその解決策を用意しています。

まず長さが気になる場合には、乳頭の周囲の組織をていねいに切除し、高さを低くしたうえでていねいに縫合します。太さが気になるケースでは乳頭の周囲を縦方向に何ヶ所か切除し、太さを調整したうえでていねいに縫合して終了です。傷跡は目立ちませんし、これらの手術では縫合に「溶ける糸」を用いますので、術後、抜糸のための通院も不要です。もちろん入院の必要もありません。また手術当日からシャワーも浴びられますので、日常生活への支障はほどんどないでしょう。

こうした悩みは人に相談できるものではありません。ですが当院では女性の悩みに幅広く対応していますので、必ずやお力になれると自負しています。悩んでばかりいても何も解決しません。ほんの少しの勇気をもって、ぜひご相談にいらしてください。
その他のバストの治療
漏斗(ろうと)胸/女性化乳房

漏斗(ろうと)胸

漏斗胸は、先天的な胸骨や肋骨の変形により胸が凹んでくる疾患です。成長につれて陥凹が目立ってくるケースも多くあります。
心臓や肺への影響はあまりないとされていますので、最終的には、「外見上の問題」ということになってきます。
治療法にも様々なものがあります。有名なものでは、「胸骨翻転法」があります。これは、胸の正中線を切開し、胸骨と肋骨の一部をくるりと裏返しにする方法です。
近代では「ナス法」があります。金属プレートを胸の側面から挿入し、陥凹部を挙上させるすぐれた方法です。
ただ、いずれの方法にしても全身麻酔と入院が必要なものとなってしまいます。
「そこまでの手術は考えていないが、少しでも改善できないか?」
「かつてそれらの手術を受けて、ものすごくよくなった。できればあとちょっとだけふくらみが欲しい」
という方もいらっしゃいます。そのような場合、当院ではトリプル・コンデンス脂肪注入による、修正手術を提案させていただいております。
お腹・ヒップ・太モモなどから脂肪を吸引し、特殊な処置を施した「トリプル・コンデンス脂肪」を凹んだ部分に注入します。注射器による注入ですので傷も全く目立ちません。又、「上の方にポイントをおきたい」「片側の凹みが強いので、そちらに多く注入したい」などの調整ができることも脂肪注入ならではのメリットです。男性の漏斗胸も治療可能ですのでご安心ください。

女性化乳房

男性のバストが女性のように膨らんでしまう症状で、ときに痛みを伴います。脂肪の付きすぎによる「偽性女性化乳房」と、ホルモンバランスの乱れや内臓の疾病、さらに病気治療のための薬の副作用などで乳腺が発達して起こる「真性女性化乳房」があり、それぞれに治療法が違います。
偽性女性化乳房は単に脂肪が多く付きすぎているだけですから、脂肪吸引によって解決できます。胸の下に小さな穴を明け、そこから極細の吸引管(カニューレ)を差し込んで、胸の脂肪を吸引除去していくのです。
手術の所用時間は片側30分ほどで、当院独自の「4段階麻酔システム」を使いますので痛みの不安はありませんし、原則として術後の入院や通院は不要です。
一方の真性女性化乳房の場合は、乳輪に沿って切開し、そこから発達した乳腺を切除しながら取り除いていきます。かなり繊細な手術になりますので2時間ほどの時間がかかりますが、術中・術後の痛みや入院通院の必要性については、偽性女性化乳房の手術と同様です。
男性にとっては相談しにくいものではありますが、ほとんどの場合は脂肪吸引の手法で対処できますし、治療を受けてしまえば、もう悩むこともなくなるのです。 あきらめず、まずはご相談いただきたいと思います。
料金表

プラン


トリプル・コンデンス豊胸(ベイザー脂肪吸引の料金を含む) 1,200,000円
(税込1,296,000円)
成長細胞(AGF)注入 200,000円
(税込216,000円)
他院のバッグ除去(両側) 500,000円
(税込540,000円)
陥没乳頭(両側) 400,000円
(税込432,000円)
乳頭肥大(両側) 400,000円
(税込432,000円)
トリプル・コンデンス脂肪注入による漏斗胸の治療 1,200,000円
(税込1,296,000円)
女性化乳房(偽性) 500,000円
(税込540,000円)
女性化乳房(真性) 800,000円
(税込864,000円)
基本料金(消耗品・薬代等)100,000円
(税込108,000円)


※ローン(3〜60回)による分割払いも可能です。

当院は自費診療のみとなっております。
又、保険適応となるのは切開法のみであり、方法が全く異なります。
その場合、傷・再発・合併症の問題もあります。実際、他院で保険による手術を受けた方の再治療も多く承っております。
費用だけにこだわらず、よく御検討されて治療法をお選びになられる事をお勧め致します。


コンデンスリッチ豊胸Q&A
ベイザー
脂肪注入法では入通院は必要ですか?
また術後の注意点など教えてください。
A. クリニックや手術法によって異なりますが、当院では体への負荷が軽い脂肪注入法を行っていることに加え、麻酔にも配慮するなど多くの工夫を重ねていますので、原則として術後の入院や通院は不要です。またプロテーゼ法のマッサージのような煩わしい「術後ケア」も不要です。ただ、御都合のつく方は1週間目・1か月目にチェックにいらしていただければ、なお安心かと思います。
術後の注意点としまして、浴槽に浸かっての入浴は術後1週間は禁止していますが、シャワーは翌日から大丈夫です。もちろん石鹸も使えますので、清潔さは充分保てます。脂肪注入法は肉体的負荷が軽いため、翌日からのお仕事も可能です。ただし、術後の経過や状態は個人差が大きい上、お仕事の内容にもよりますので、カウンセリングの際にご相談ください。












コンデンスリッチ豊胸
将来の授乳に影響はありませんか?
またレントゲン検査で豊胸したことがバレたりしませんか?
A. まず豊胸についてですが、脂肪注入法ではバストの乳腺を傷つけることはありませんし、圧迫刺激を加えることもありませんので、将来的な授乳に悪影響はありません。また陥没乳頭や乳頭肥大の手術では母乳を運ぶ「乳管」を傷つけずに治療できますので、この場合も授乳に悪い影響を及ぼすことはありません。どうぞご安心ください。
豊胸後のレントゲン検査につきまして、これはプロテーゼ法とは対照的な脂肪注入法のメリットですが、異物ではなく、患者様ご自身の脂肪を注入しますので、レントゲン検査などX線に写る心配はありません。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   
  •  
ベイザー脂肪吸引