Adobe Flash Player を取得

ヒアルロン注入されたバストをコンデンスリッチ豊胸で修正

本日の患者様は東京にお住まいの40歳の主婦のかたです。

2年前に大手チェーンクリニックにてヒアルロン注入による豊胸を受けられました。

本当は脂肪注入にしようか迷っていたのですが、担当のドクターに勧められるがままにヒアルロン注入に決まってしまいました。

それ程多く入れたわけではないのですが、1か月ほど経過すると両方の胸がポッコリと固くなってしまいました。

ヒアルロン注入では固くなる心配がないという説明でしたので、病院へいってみますと

「マッサージすれば治ります。」

とのことでした。

 

それから毎日一生懸命マッサージしましたが全く変わりません。

 

このままにしておくわけにはいきませんが、前の病院に相談しても無駄だと思いネットで探し始めました。

そして脂肪注入を専門に行っている病院として当院へのご来院となりました。

 

早速診察させていただくと、確かに両側にシコリがあります。

しかも巨大です。

通常は直径3センチくらいのものなのですが、殆どシリコンバッグのようにかたいものです。

これでは悩まれるのも当然です。

内部のヒアルロンを取り除きつつ、同時にコンデンスリッチ豊胸で形を整えることにしました。

 

 

まずはコンデンスリッチ脂肪を確保します。

もちろん

ベイザーを使用しています。

そしてヒアルロンを取り除きます。

これがヒアルロンの正体です。

このツブツブの周りに硬い膜ができていtのです。

皆様ヒアルロンというともっとなめらかなきれいな半液体状のものを想像していますが

実際はこの粒は結構大きなものです。

 

念を入れて取り出して内部をよく洗浄します。

 

最後はコンデンスリッチ脂肪を注入して終了です。

 

お疲れ様でした。

以前より自然なバストに大満足していただきました。

吸引部分には2週間圧迫が必要ですが、バストには何もする必要がありません。

そっとしておいてください。

 

何か心配なことがございましたらいつでもご連絡下さい。

  • 2013年01月25日
  • post