Adobe Flash Player を取得

巨大なシリコンバッグを取り出してコンデンスリッチ豊胸

今日は、都内在住の35歳のOLさん。

10年ほど前にバストの整形で有名なクリニックに相談しいくと

「シリコンバッグは安全だからこの際大きめのものをいれちゃいましょう!」

とすすめられるがままに手術してしまいました。

終わってみると、とんでもなく大きな胸に変身。

まるでoo姉妹の様です。

しばらくすると

硬くなって息苦しささえ感じるようになってきました。

さすがにがまんできなくなり

ネットで当院のことをお知りになり

やっとのおもいで御来院されました。

診察させていただくと

巨大すぎます。

小柄な体型とまるでつりあいが取れていません。

しかも

相当硬く変形しています。

ただ前回はわきの下を切開しえバッグを挿入したそうなので

やはり脇の同じ傷から取り出さなくてはなりません。

さらに

表面がザラザラのバッグを入れたとのこと・・・・・

このザラザラのバッグはツルツルのやつよりはるかに取り出しにくいのです。

わきの下から、ザラザラで、超巨大なバッグ・・・・

相当な大変さがすでに予想されてしまいます。

 

しかし

開業して20年、取り出せなかったバッグはありません。

自信をもってスタートします。

 

まずは

コンデンスリッチに必要な脂肪わベイザーで採取します。

脂肪は確保できました。

これからがシリコンバッグのとりだしです。

わきの下からトンネルをほっていきます。

指先にバッグが触れましたが

案の定カチカチです。

なかなか動きません。

これは難物です、

 

悪戦苦闘しましたが、キレイにスッポリ取り出せました。

真ん中に置いたペンと大きさを比較して下さい!

なんという大きさでしょうか!

 

もちろんコンデンスリッチで形をととのえても

このバッグが入っていた時のような巨大な胸にすることはできません。

しかし

自然さというものはなにものにもかえがたいものです。

患者様もよろこんでいらっしゃいました。

 

お疲れ様でした。

なにかご心配なことがございましたら

お気軽においで下さい。

 

  • 2012年10月14日
  • post