Adobe Flash Player を取得

バストの手術が集中

当院はバストの手術が非常に多い。


脂肪注入のみを専門に行っており


シリコン豊胸は


開業以来行っていない。


その治療方針に共鳴された方が全国からいらっしゃる。


 


特にこのような大型連休ともなると


ご想像のとおり遠方からの方が一気に増える。


 


この1週間で一体何件のバスト手術をやったのだろう?


 


先日九州から来院された患者様は


2年前わざわざ東京にあるバスト専門のクリニックで


シリコンバッグによる豊胸を受けられた。


その時もそのドクターに脂肪注入のことを


尋ねてみると


「脂肪注入なんてダメダメ。この最新のシリコンバッグなら自然で


一生いれておいても大丈夫!」


と言われて受けてみた。


 


しかし直後から変形が目立ち始め


2か月もするとカチカチ。


寝ても、突っ立ったような不自然なバスト。


なにより大きすぎ。


 


ドクターに相談しても


別におかしくない、といわれてしまった。


 


最後の砦として


私のクリニックにやってきた。


 


診察すると


典型的なカプセル硬縮による変形。


しかもとても大きなバッグが入っているため


圧迫されて呼吸が苦しい。


 


う~ん、これは可哀そう。


なんとかせねば!


 


最近のシリコンバッグは硬くならない。


と言っているが


まったくそんなことはない。


 


もしそうなら


なぜこれほどまでに


シリコンバッグの修正手術が当院で多いのであろう?


 


バッグを抜いて、脂肪注入で形を整えてあげると


皆さん一様にホッとされる。


 


これから豊胸手術を受けられる方は


なにより自然さが一番ということを


念頭におかれて受けられるべきです。


 


では今からまた


豊胸手術のスタートです。


 


頑張ります!

  • 2009年09月22日
  • post