Adobe Flash Player を取得

カウンセリングの途中で泣いてしまう方が


たまにいらっしゃる。


特にワキガの時である。


 


もしかして他人から避けられているのはワキガのせい?


でも自分ではそれ程気にならないし。


とりあえずカウンセリングだけでも受けてみよう。


 


そういう人に限って重症のパターンがなぜか多い。


 


でも重症なのに、可哀そうだからそれほどでもないよ。と


言ってあげるのはその人のためにならない。


 


心を鬼にしてはっきりと、これは重症。と言ってあげる。


自分のおかれた状況を認識して涙がこぼれてしまう。


でも治療は医者と患者様の二人で一緒に行うもの。


 


本人が現状を理解せずに最高の治療はできない。


 


恥ずかしくないからまずは、思いっきり泣いてください。


そこから新しい自分に生まれ変わります。


私はそのお手伝いをさせていただきます。


最高の治療。


ベストを尽くします。


 


そのあとには


誰からも愛される


もうひとりの新しい私がいます。


 

  • 2008年10月23日
  • post