Adobe Flash Player を取得

傷跡の修正

傷跡で悩んでいる人は結構多い。


レーザーなどの方法もあるがやはり短期間で確実なのは切って縫い直す方法である。


これを形成外科では切縫と呼びはじめのころはたくさんやらされる。


ようは縫い寄せるだけなのだが、細かいテクニックが随所で必要になる。


通常は1週間後に抜糸となるのだが、当院では内部を細かく縫い合わせるので外の皮膚を縫う必要がない。


つまり抜糸の必要がないのである。


当日からシャワーも浴びれるし通院もいらない。


はじめは傷が赤くなり目立つが次第に目立たなくなる。


細かい手術なので時間はかかるが喜びの大きい手術の一つである。

  • 2008年06月06日
  • post