Adobe Flash Player を取得

外国から

外国からよく患者様がいらっしゃる。


その方はアメリカからであったが、予約なしでふらりといらっしゃった。


閉院まぎわで他の方はいらっしゃらなかった。


受付の様子を聞いていると、日本語が通じないことがわかった。


私も英会話が苦手なので困ったことになった。と内心思った。


カウンセリングルームで話しを伺うと、私の治療を受けるためだけに来日したとのこと。


目の手術を希望されていたが、外国で手術の経験があるとのこと。


これで話が複雑になることがわかり、私は腹をすえた。


完璧なブロークン英語に身振り手振りを加えて必死に説明した。


最初は怪訝そうな雰囲気だった彼女が、ある時点からフッとリラックスしてきた。


ちょっと心が通じた瞬間である。


気に入らない目のアンバランスを何とかしてほしいとのこと。


非常に微妙な手術である。

  • 2008年02月12日
  • post