Adobe Flash Player を取得

わきが

ワキガの手術は年間を通して非常に多いが、特にこれからの時期がピークとなる。


方法は病院によって大きく異なる。


僕が昔から提唱してきた超音波を用いる手術もかなり普及してきt喜ばしい限りである。


しかし器具が同じであれば結果が同じであるかといえばそれはありえない。


板前さんだっておなじ包丁を握らせても料理にはおおきな差がでる。


ましてや手術は生身の体が相手である。


結果が同じわけがない。


テクニックだけでなく妥協を許さないこだわりが大切である。


一生に一度の手術だと思って納得のいく選択をしていただきたい。

  • 2007年05月10日
  • post