Adobe Flash Player を取得

二重まぶたの糸

最近は患者様の知識が驚く程、細かくなっている。


オーソドックスな二重まぶたに関してはこちらが舌を巻くほど詳しい。


まず聞かれるのが「何本の糸でとめるのか?」


1本だけのところもあれば、5本使うところもあるという。


あくまでも片目に対してである。


どーやって片目に5本の糸を埋没させるのだろーか?


不思議である。


 


私は原則1本の糸でしっかり留める。


皮膚のたるみや脂肪が多い場合などは、もう1本を追加することもある。


が、それ以上埋没させることはない。


私は糸を点としてではなく「線」として埋没させる。


そのほうが力の加わり方も均一でラインも消えにくく、自然である。


「点」で留めるとラインがカクカクと不自然になりやすい。


また力が点でしか加わらないので弱く、かえってとれやすい。


「つづく」

  • 2005年09月07日
  • post