Adobe Flash Player を取得

フェイスリフトと眼瞼下垂の修正で若々しく!

東京は相変わらず晴ればっかりですが

 

北日本はエライことになっている

 

特に北海道

 

雪だけでなく風も凄い猛吹雪

 

ホワイトアウトして全く見えなくなる超危険な状態も度々

 

北海道からの患者様も結構多いのだけど

 

雪で来られなくなったり

 

何とか来てみたものの、帰りの飛行機が欠航になり急遽東京に宿泊することになったり

 

あと少しで春なんだけどなー

IMG_6982

さて本日の患者様はその札幌から雪のなかを来られた50歳代のご婦人

 

45歳を超えたころからフェイスラインが急に崩れて顔が四角く大きく見えるようになってきた

 

特に口の横のあたり

 

何だかブルドッグみたい

 

札幌でヒアルロン注入くらいはやったことがあるけど

 

手術となると流石に考えてしまう

 

糸を埋め込む方法も考えてみたけど

 

どうしても糸だけでこの弛みが解消するとは信じられなかった

 

まだ仕事もしているし腫れたり包帯を巻いたりというのはマズイ

 

あと眼が重苦しいのでこれも何とかしたい

 

ネットや雑誌で調べていると

 

「腫れないし、包帯も巻かないし、化粧も直後から大丈夫」

 

というのを見つけた

 

これなら仕事もすぐに行けそう

 

あと

 

何となく地元では手術したくないというのもあるし・・・

 

というわけで飛行機での御来院ありがとうございました

 

欠航になると困るので

 

前日の夜に東京入りしてくださっていたとのこと

 

ご配慮くださりありがとうございます

IMG_6256

おみやげまでいただき恐縮です!

 

さて早速診察

 

口横のたるみがかなり進行してますね~

 

ヒアルロン注入でもちろん法令線はどうにか誤魔化せますが

 

弛みはどうにもなりません

 

もちろん糸を埋め込んだところで確実な効果は期待できません

 

やっぱりフェイスリフトが結局一番確実ということ

 

眼が重苦しいのは眼瞼下垂といいます

 

眼を持ち上げる筋肉が年齢によって弱くなって開きにくい状態になり

 

視野が狭くなって老けて見えます

 

これは眼だけの問題にとどまらす

 

頭痛や肩こりの原因にもなります

 

手術法には昔ながらの切開する方法もありますが

 

私は切らずに糸で筋肉を縮める方法をおこなっています

 

これなら傷は全くありません

 

まずはフェイスリフトからスタート

IMG_6324

いつも通りの軟骨ギリギリ切開

 

ほんとクネクネしてます

 

ちょこっと手間をかけるだけで仕上がりは段違い!

IMG_6326

切開開始

IMG_6049

おー、弛んでましたねー

 

細かく縫合して、次は切らない眼瞼下垂

 

眼の裏側から髪の毛より細い糸を使って

 

瞼板と筋肉の間に埋め込み筋肉の働きをよくします

 

二重瞼の埋没法と似ていますが

 

止め方が全く異なります

 

左右の開き具合を調節しながら丁寧に

 

30分弱で終了

 

鏡を見てビックリ

 

フェイスリフトはもちろんのこと

 

眼のほうもほとんど腫れが目立ちませんし傷もありません

 

しかも眼の開きがよくなっているので

 

世界が明るく見えます

 

お疲れ様でした

 

今まで頑張ってきたのだから

 

これからは自分の時間も大切にしてください

 

帰りの飛行機も何とか飛んでいるみたいです

 

気を付けてお帰りください!

 

 

 

 

  • 2015年02月16日
  • post