Adobe Flash Player を取得

3年前のシリコンバッグの取り出しとコンデンスリッチ豊胸

本日の患者様は浜松からおこしの50歳の主婦のかたです。

3男前、長年のコンプレックスであった胸の大きさを解決しようと思い

名古屋の大手クリニックにあしを運びました。

あまり知識もなかったので、大きくなるというシリコンバッグの方法を選びました。

術後は大きくなったバストに大満足でしたが2か月過ぎたころから固くなりまるでボールのようになってしまいました。

担当の先生は

「マッサージすれば大丈夫。」

というだけでした。

心配になり他の病院へも行ってみましたが

「もう一度シリコンバッグを入れ替えるしかない。」

といわれました。

でも

シリコンバッグを入れなおすわけですから

再度同じような結果になるか可能性が高いのではないかと思い

他の方法をネットで探しました。

その結果コンデンスリッチ豊胸が最新らしいということがわかり、

その中でもチェーン店でないところということで当院へのご来院となりました。

 

新幹線でのご来院ありがとうございます。

早速診察させていただくと、スゴイ硬さ・・・・

本当にゴムボールのようで指ではたくとコンコンと音がします。

これほどかたくて大きなものをいれておいたら肋骨に変形をきたす可能性も高いです。

脂肪は十分に確保できそうなので安心です。

 

 

これは吸引部分。

問題なくタップリついています。

 

もちろんベイザーが今日も大活躍~。

コンデンスリッチ脂肪はバッチリです。

 

さて問題のシリコンバッグの取り出しです。

相当な硬さだったので気合をいれていきます。

前回の手術と同じ脇の下を切開して、

指で慎重に剥離をすすめトンネルを作ります。

 

お、指先にシリコンバッグが触れました。

 

これなら上手く引っ張り出せそうです。

 

ヨイショ、

出てきた、出てきた。

ここからはゆっくり、ゆっくり。

 

スポンという音とともに

きれいにとれました。

胸の中をよく洗浄して

コンデンスリッチ脂肪注入して終わりです。

 

お疲れ様でした。

 

自分の脂肪だと自然ですし安心感がまるで違います。

もうこれで一生大丈夫です。

何か心配なことがございましたらいつでもご連絡くださいね!

  • 2013年01月27日
  • post