Adobe Flash Player を取得

シリコンバッグを取り出し同時にコンデンスリッチ豊胸

本日の患者様は名古屋からおこしの55歳のご婦人です。

今から30年前にシリコンバッグによる豊胸手術を地元で受けました。

しかし半年後くらいから固くなってきました。

病院へ相談しに行くと「マッサージすればやわらかくなります。」

といって飲み薬を渡されたそうです。

(一体なんという薬でしょうか?カプセルを柔らかくする薬なんてないと思うのですが・・・・)

その後言われた通りマッサージを続けましたが、固さは増すばかりです。

だんだん上にずりあがってきました。

もうこのままでいいや、

といってそのままにしておきましたが

友達と温泉に行くことになりましたが、この状態では人に見せられません・

まずはこのシリコンバッグを取り出さなくてはなりませんが、

それでは変形してしまいます。

でももう異物はコリゴリです。

ネットで探しているとコンデンスリッチ豊胸が最新であることがわかりました。

でも地元では受けたくないしチェーン店は何となく不安なので

東京駅に近い当院へのご来院となりました。

 

新幹線でのご来院ありがとうございます。

 

 

早速診察させていただくと、かなり重度のカプセル拘縮が起こっています。

皆様シリコンバッグを取り出せば元に戻るとお考えのかたが多いようですが

実際には違います。

異物に長い間接触していた組織は委縮して変形をおこしてしまいます。

極端な例では肋骨がへこんでしまったものもありました。

今回はそんなことは有りませんが、乳腺組織は委縮していると思われます。

ですからその変形をコンデンスリッチ豊胸で補ってあげることになりました。

 

まずはベイザーでお腹をボディメイクしつつ脂肪を確保します。

いい脂肪がとれました。

こんなに薄くなりました。

さてこれからシリコンバッグの取り出しです。

カプセル拘縮が強いものをご希望によりワキの下から取り出しますので

かなり大変そうであることが予測されます。

 

 

固い!

カプセルがカチカチです。

しかもシリコンバッグは劣化してつまむとボロボロちぎれてしまいます。

慎重にちょっとずつとりだします。

 

何とかすべてとりだしました。

内部を洗浄してからコンデンスリッチ脂肪の注入です。

 

お疲れ様でした。

バッグの取り出しに予想以上の時間がかかりましたが完璧です。

自然な仕上がりにご満足いただけました。

喜んでいただいて何よりです。

 

何か心配なことがございましたらいつでもご連絡ください。

  • 2013年01月13日
  • post