Adobe Flash Player を取得

コヒーシブシリコンの続き

さて

前回の続きです。

さらにこの論文には

「コヒーシブシリコンは確かに破損しにくくなった。

しかし程度の差こそあれ

膜に破損がなくても微量ずつしみでるBLEEDと言う現象

があることは認識すべきである」

と述べています。

 

バストのプロテーゼの歴史はいつもこんな感じです。

ある日最新のプロテーゼが登場すると

みんなが飛びつきます。

しばらくすると

「あのプロテーゼはやはり問題があった。」

といって廃れていきます。

 

僕はこのようなことがいやなので

バストに関しては

プロテーゼやヒアルロン酸のような異物を用いる方法は

開業以来一切おこなっていません。

脂肪注入のみを安全におこなっております。

 

皆様も

よく考えてから手術をおこなうようにしてください。

  • 2012年01月13日
  • post