Adobe Flash Player を取得

バストへ脂肪吸入

本日も九州から脂肪注入による豊胸手術をうけに


患者さまがいらっしゃった。


毎回わざわざ遠方からお越しいただく皆様には


地方分院がないことは心苦しく思うが


これだけは譲れないポリシーなので


どうかお許しいただきたい。


 


脂肪注入も毎日行っているが


奥が深い。


先端の丸まったオリジナルの注射器で


丁寧に注入していくが


3次元的に美しいバストラインをだすのは


なかなか難しい。


 


新しい経験の浅いドクターが見よう見まねで出来るほど


簡単なものではない。


 


一般的に簡単そうに見えるものほど


奥が深い。


 


大工さんがカンナを鼻歌交じりでかけているが


きれいな切りくずをだして、きれいな面をだすのは


並大抵ではない。


もちろんある程度のところまではすぐできるようになるが


そこから先は気が遠くなるほどの修錬が必要だ。


 


脂肪注入も同じ。


ただなんとなく注入するのなら誰でもできる。


どの部位に、どれだけの量を、どの層にいれるか、


などを


注射器の先端の感覚で判断していかねばならない。


 


そういう僕ももっといい感じにしあげることができないか


まいにち精進している。


 


これで自分が一番だ、などと思ったら


その人はプロではない。


追及し続けることが大切である。

  • 2009年12月20日
  • post