Adobe Flash Player を取得

匠の技

昨日の新聞に


マラソン選手のQチャンの履いている靴を


作っている職人さんの記事がでていた。


それによると


彼女の脚の長さは左右で数ミリ違うそう。


それが故障や不調につながると判断。


 


早速その差を完璧に埋める靴を作成し


はいてもらったが


彼女は「おかしい。はきにくい。」


といいそれを却下した。


 


目標はあのシドニーオリンピック。


 


しかし職人さんは自分の判断を信じて


完璧ではなくほんの少しだけ調整したものを


彼女に黙って作成し


彼女はそれを履いてオリンピックに臨み


みごと金メダルを勝ち取った。


 


試合後に彼女にそれを打ち明けると


「全然、気にならなかった。すごく走りやすかった。」


と答えた。


 


その日彼は辞職届を胸にしたためていた。


 


それほど自分に自信と誇りがあるということ。


カッコイイ!


 


僕も同様に患者様がわからない程度に


微妙に調整することがある。


 


このこだわりが


綺麗かそうでないかの差につながる。


 


このこだわりを持つ者だけが


プロといえる。

  • 2009年02月06日
  • post